科学する鍼灸 良導絡

kagaku
良導絡治療とは?
目に見えないツボをメ-タ-を用いて正確に探し出します。
手足の一定部位を測定することで、自律神経の興奮状態がわかり、からだの弱っているところを見つけ出し、治療することが出来ます。
世界各国で認められ多くの人々の苦痛をやわらげ健康増進、疾病予防に役立つことが実証されています。

昭和25年、医学博士である中谷義雄が、ある腎炎患者の皮膚電気抵抗(電気の流れやすさ)を調べていたところ、東洋医学でいう経絡の一つである腎経(じんけい腎臓に関連の深い経路)の流れとよく似た走行で電気が流れる経路を発見しました。
経絡は14本あるとされているのですが、ほかの13本についても調べたところ、同じ結果が得られました。そこで、「電気が良く導かれる経絡状のもの」ということで、「良導絡」と名づけ、このような現象が起こるメカニズムを、京大医学部第二生理学教室で科学的に実験・研究を重ねました。その結果、皮膚通電抵抗は交感神経の状態に関係することが解ってきました。メカニズムは詳しくなりますので省略しますが、交感神経が緊張しすぎると電気が異常に流れ易くなり、逆の場合は流れにくくなります。病気になるということは自律神経のバランスが崩れた状態であると考えられ、電気が異常に流れ易くなります、すなわち、皮膚電気抵抗を測定することによって自律神経の状態(病気の状態)を知ることができるわけです。
副交感神経という、もう一方の自律神経は交感神経と逆の働きをしていますので、交感神経の状態がわかれば副交感神経は逆の状態(交感神経が緊張していれば副交感神経は抑制されている)ですので、両方わかるわけです。

良導絡は経絡とよく似た走行経路をとっていますので、この皮膚電気抵抗を鍼灸治療にも応用できるのではないかという仮説のもと、実験と研究を重ねたところ、ほぼ応用できるという結果が得られました。
東洋医学では、健康な状態というのは実(興奮)も虚(抑制)もしておらず、平均的なところでバランスが取れている状態だと考えます。ですから良導絡で考えると皮膚電気抵抗の高すぎる(電気が流れにくい)状態なら機能が抑制されているので興奮させるように、逆なら抑えてやるように調整すれば平均が取れて、健康体になるということです。こういったように、自律神経のバランスを調べ、平均に近づけて行くのが、良導絡治療です。

良導絡治療では代表測定点と呼ばれる部位の電流を測定することによって、自律神経の状態を数値化して見ることができるので、普通ではわかりづらい鍼灸治療の診断方法と違って一定のルールに従って測定すれば、誰がいつ行っても同じ条件で測定時点の状態を測定できます、症状が今出ていなくても体質が変わって、将来なり易い病気も推定でき、予防することができ、いわば「簡易人間ドック」的な面もあります。
自律神経の状態を測定する方法は簡単です。ノイロメータという電流を測定する機械を使います。

測定図
手首の部分に6ヶ所(左右で12ヶ所)、足の部分で6ヶ所(左右で12ヶ所)の合計24ヶ所に皮膚電気抵抗を測定するポイント(代表測定点)があり、そこを最大値200マイクロアンペアに設定された測定導子で測定します。全部の測定時間は5分程度です。各電流値を専用の良導絡チャートに記入することることによって次に、自律神経調整として測定結果に従って興奮・抑制させるように刺激を与えます。そして平均が取れてくれば、健康体になってゆくということです。

良導絡は、東洋医学と西洋医学を近づけて行く方法の一つになります。日本良導絡自律神経学会は本部事務局が関西医療大学にあり、医師と鍼灸師の両方で運営されています。

こうして読まれてもなかなか理解しづらいかと思います。
一度、実際に体験しにいらしてください。東日本支部では毎月研修会をおこなっております。